HOME > 鍼灸院かきたのブログ > 鍼のお話し > 6月11日は・・・。

鍼灸院かきたのブログ

< はじまります。  |  一覧へ戻る  |  明日は、夏至です。 >

6月11日は・・・。

先週の日曜日は、第一回目のセミナーでした。

timeline_20170606_141031.jpgのサムネイル画像
今田
先生担当の肩関節のお話

エコーを駆使し関節内の構造や肩関節周囲炎についてなど
とても興味深い内容でした。

次回、今田先生は「膝」について講義をしてくださいます。
ご興味ある方はぜひ!!

カテゴリ:

< はじまります。  |  一覧へ戻る  |  明日は、夏至です。 >

同じカテゴリの記事

明日は、夏至です。

みなさん、こんにちは。
6月も残りわずかとなり日中は、暑さを感じる日も増えてきています。

明日は、一年で昼間が最も長く、夜が最も短い日【夏至】

冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあるそうです。

暦の上では夏季の真ん中にあたりますが実際には梅雨
の真っ盛り!!
のはずが・・・。
雨降りませんね・・・。

昼間が長く暑さが厳しいこんな時期は、「頭痛・逆上せ・肩こり・耳鳴り」など、首から上の症状がでやすく
普段よりも高頻度、激しさが増す傾向があります。

東洋医学でいう、陽が増す(強く)時期。
元々、陰(冷やす・潤す)が弱っている方は、熱のコントロールができず「頭痛・逆上せ・・」が症状として現れます。
こんな時期は、積極的に酸味のある飲食を摂る。長風呂や過剰な運動で大量の汗を流す事を控える。できるだけ早く床に就く。
食事は、お風呂の後に!!
をできるだけ減らさない観点だけで観ると上記の④つがすぐ実践できる事かと思います。

日々の少しの工夫で、快適な毎日を。

根深い辛さは今がチャンス!

5月22日(月)です。

日中の暑さを感じるようになり、熱中症で運ばれる。というニュースを目にするように
なりましたが、皆さん体調はいかがでしょうか??

冬に比べ、季節の後押しもあり代謝がよくなります。
冬場に気になっていた、筋肉の張り・痛みが緩和され治ったかな?
なんてお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

この時期、根深い痛み・慢性的なこわばりを改善するチャンス!
代謝(行)がよくなっている身体を鍼灸でより調整しながら、
季節の後押しを借りて、奥底の痛み・こわばり・不調を取り除きましょう。




首から上が、自分じゃない(頭痛)

おはようございます。4月21日(金)です。

土用の真っ最中。体調はいかがでしょうか?

 

先日、
「首から上と下が別で・・・。頭が痛いです。」
「卵の皮?ベール?薄皮?」⇔とにかく何か被ってまとわりついてる!!!
と言う患者さん。
当院は、頭の症状でも常に全身を診ます。

背中の状況
2017_0420_141855-P1010059.jpgのサムネイル画像
側が盛り上がり足も短くなっていました。

全体の滞りや、仕事の疲労・ストレスに加えこれだけの歪みがあると、相当お辛い状況かと思います。
17952569_949969671811576_4313703003052043185_n.jpg
背中の処置後、強ばった背中が緩んできました。
同時に痩せた印象もあるかと思います。
それだけ、身体が膨張していた状態だったのです。
なかなか、根深い状態でもあるのでコマメな来院が今は必要です。

皆さんも、我慢せず早めの施術をお勧めします。
GW診療しています。http://www.sn9kkt.com/blog/entry/429gw/


土用がやってきた。

昨日は、すごい雨風でした。

それもそのはず、、土用がやってきました。

2017年は
冬土用:1月17日~2月3日 

春土用:4月17日~5月4日 ⇔これから18日間は次の季節に向けての準備期間です。

夏土用:7月19日~8月6日 

秋土用:10月20日~11月6日 
 

次の季節へ移る前の調整期間はよく雨が降りますね。強風が吹いたり。傘が壊れたり・・・。
湿気で、汗をし体調を崩したり。

服装の調節が難しいですが、カーディガンを1枚。
いつも持たない、水分を常備したり。
もしもの対策はお忘れなく。

こんな時は、心身が不安定になりやすいです。
早めの就寝と少し空腹状態が良いでしょう。
お気をつけて。

 

緊張から起る・・・

おはようございます。

今週は、入学式へ向かう家族連れをよく見かけます。
思わず「おめでとう」と声をかけてしまいそうですが・・・。


小学校、中学校へ入学する女の子にはこれから生理との付き合いも始まります。
 

鍼灸の古書には、女児は14歳にして月が始まると訳せる一文があります。
※身体が成長している素晴らしい現象ですが、厄介なものでもあります。

しかし、近年はそれより早く初潮があり心と体の成長・環境が伴わずストレスを抱える

お子さんも多いのではないでしょうか。
 

ストレス、、緊張は、心身に対しマイナスの要素を多く引き起こします。

まだまだ、幼いお子様が毎月寝込むことのない様に身体を安定させるには、
適度な運動と食事、質の良い睡眠です。

それでもダメな場合は、鍼灸治療をぜひ。


このページのトップへ