HOME > 鍼灸院かきたのブログ

鍼灸院かきたのブログ

12月23日は


12月23日(日)は、9:00~13:00(午前中)
開院致しております。

年末年始のおしらせ

12月13日(木)です。 今朝も寒かったですね。

年末年始のお知らせです。

本年は、12月30日 9:00~12:00まで

新年は、1月4日から 9:00~12:00・13:00~18:00

12月にお仕事で、へとへとになったお身体を調えて
新年を迎えてください。


寒さにご注意を

こんにちは。

12月らしくなりました。
寒いですね。

グッと冷え込みがキツイ日は、いつもの感覚で身体を動かすと
『イテテテ。。』と急性の痛みがでたり、

なんだか、憂鬱で気分がな。。。

頭が痛いな。。。

など、快調だった昨日が急に不調な今日になる事があります。

これは、誰にでもやってきます。

首筋に冷気が当たらない様に、足元を冷やさない様に。

できるだけ、湯船に浸かり髪の毛を乾かして。早めに就寝しましょう。

少しの、がけで体調は変わります。

12月10日~16日 
午前 9:00~12:00 午後 13:00~18:00(時間外受付あり)
時間
午前
午後
〇:空きあり △:若干空きあり ✖:空きなし

15日(土):15:00以降    ご予約可能
16日(日):9:00~ 1名様 ご予約可能



12月となりました。(予約と冬期休暇)

こんにちは。
早くも12月 今年も早かったですね。

さて、12月の予約状況と冬期休暇のお知らせです。
宜しくお願いします。

12月3日~8日
   午前 9:00~12:00 午後 13:00~18時(時間外受付あり)
時間
午前
午後
      〇:空きあり △:若干空きあり ✖:空きなし

冬期休暇は、12月31日~翌年1月3日です。



フラふわ。不調

こんにちは。

12月6日 今日は、雨がパラパラと降り肌寒いです。

今年の夏は、災害級の暑さで
冬となった今も暖かい日が続きます。

服装を間違えると、汗ばむほど・・・。

当院へお越しくださる患者さんも
季節に振り回され、フラフラしたり、ふわふわしたり。

冬は、身体がしゃっきり引き締まる季節

このまま、フラふわ。の不調を春に持ち越す事は
おすすめできません。

早めの就寝と積極的な休養
鍼灸で疲れを取りましょう。

 


11月26日~12月1日(予約状況)

おはようございます。

 

乾燥を目と喉に感じる今日です。

体調は、崩してませんか。


11月も残りわずかとなりました。
最終週の予約状況です。


11月25日~12月2日
午前9:00~12:00  午後13:00~18:00(時間外受付あり)

時間
午前
午後
〇:空きあり △:若干空きあり ✖:空きなし

〇12月1日 土曜日は、11:00///15:00~18:00
〇12月2日 日曜日は、9:00~12:00

上記のお時間でご予約可能です。

週末のお知らせ

こんにちは。
今日も寒いです。

昨晩、頚肩回りのストレッチを普段より入念にしたら・・・。

寝違えの様な痛みを感じております。
何事も程々が、大切ですね。

さて、今週末は三連休です。

23日は、休診
24日は、13時~16時迄のご予約可能
25日は、セミナーのため休診

24日の午後は、余裕がありますので
不調・不安を感じておられる方はご連ください。

葛湯(くずゆ)をおすすめ。②

先日に続き、葛湯をおすすめする続きを少々・・・。



大豆イソフラボンが関係するのですが。

 

近年の研究で『イソフラボン』は骨粗鬆症予防、更年期障害の軽減、
高コレステロールの抑制効果など様々な効果があるとも言われており、
また、腸内細菌で分解されると『エクオール』という物質に変換され、
アンチエイジングにも役立つという報告があります。


大豆イソフラボンに含まれる『ダイゼン』という成分が腸内細菌の力を借り変換される。
 エクオールを作る腸内細菌を持っているのは、日本人女性では5割程度。
 2人に1人は、大豆イソフラボンを摂取しても、体内でエクオールを作ることができない。

 

エクオールと言う製品自体が存在しますが、
日々の生活の中でも摂取していただく事ができます。

・納豆
・豆腐
・味噌汁など
大豆製品です。

そして。そこに加えて頂きたいのが葛湯です。


葛湯をおすすめするポイントは、
葛湯の原料である本葛はクズというマメ科の植物から採った澱粉です。
大豆と同じく、マメ科の植物特有の『イソフラボン』を含んでいます。
弱った胃腸にも冷えた体にも効果的で、
尚且つ、女性特有の『ゆらぎ』にも対応してくれる優れものです。

ぜひ、今年の冬に試してみてください。
 

 


葛湯(くずゆ)をおすすめ。①

ここ数日、風邪がなかなか治らない。薬を飲んでも、スッキリしない。
と、ご来院いただきます。

風邪のひき始めに『葛根湯』がいいらしい・・・。
と、耳にしたことがある方も多いかと思います。
葛根湯は、風邪のひき始め(ブルッと来た時)に身体の内側から発汗を促すことで熱を下げ
かぜを治そうと身体を後押ししてくれます。
※ 葛根の発熱・解熱作用は顕著な効能の一つ
  葛根は鎮けい作用をも有し、首筋や背肩の筋肉のこりを和らげてくれる
  夏場には熱暑と水分の取り過ぎで過敏になった胃腸の調整にも、この鎮けい作用は威力を発揮


ひき始めにスグ服用することで、身体に侵入しようとしている風邪を体外へ追い払ってっくれるイメージです。

そして、葛湯は、成分が少々異なりますから威力としては劣るかもしれませんが、
日々の体調を整える飲料としては優れモノと言っても過言ではありません。

葛湯に含まれる葛は人が消化し易い「でんぷん」なので、胃腸に負担をかけず消化・吸収できます。
風邪や病気で弱った身体にもやさしく、おなかをこわしている時にも配ありません。
これからの季節、どんなに気をつけていても風邪が寄ってきますし
身体が冷えて眠りずらいなんて事があると思います。

そんな時には、ぜひ葛湯を試してください。
葛湯は、芯から身体を温めてくれます。


 

美肌県グランプリ

おはようございます。

寒さと乾燥が気になる季節を感じるようになりました。

 

今朝のニュースで『美肌県グランプリ2018』というものを目にしました。

 

自律神の乱れで、お肌の流が悪くなり・・・。という。

 

大都会は、下位にあるのかと思えばそうでもなく。

気候の特性・ケアへ行く習慣・環境も反映しているのだろうな。と言う
ランキングでした。

 

美肌は、身体の内側を反映します。
からだの疲れは溜め込まない様に。


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ