• お客様の声
  • 症例
  • 生活の注意点
  • 食の養生
  • 用語集
  • セミナー活動
  • 鍼灸院かきたのブログ
院内の様子

兵庫県西宮市羽衣町4-23
夙川羽衣町パークハイム403号室

【TEL】
090-5460-7796

【診療時間】
午前9:00~12:00
午後1:00~6:00

ご予約はこちら

詳しくはこちら

HOME > お肌のお悩み > お肌のお悩み

症例

幼少期からのお肌の痒み(アレルギー・炎症・アトピー性皮膚炎)くび、膝が特に痒い男性

幼少期から、お肌が敏感で緊張が増したり、行事ごとの度に痒くなりがちだったそうです。
成長と共に、改善した時もあったそうですが受験のストレス、夜更かし、部活で汗を流す事が増えると又、肌は敏感に反応し痒みとなり掻きむしる事を繰り返してこられました。

現在も仕事が忙しく睡眠不足になると顕著にお肌に現れ、今年の夏は特に酷かったそうで、月に2度。最低1度のペースで来院頂いております。

ゆっくりではありますが、ご本人にも改善を実感頂いております。

改善ペースは、お一人おひとり異なりますが継続した施術で疲れた体のストレスを取り除き改善へと導くことができます。


神戸市 男性 足のむくみ 痛み

毎日、深夜までのパソコン業務。
足のむくみと皮膚のつっぱりからくる痛みをお持ちの男性。


兵庫県神戸市 幼少期よりアトピー性皮膚炎 20代男性 

アトピー性皮膚炎の男性

施術後、寝入りがよくなり掻きむしり・皮膚のツッパリによる可動域制限が減少

気にせづ、肘・ひざの曲げ伸ばしができるようになりました。


四国から来院 アトピー性皮膚炎 三十代女性

幼少期よりアトピー性皮膚炎に悩まされ、身体全体に皮膚炎とかさぶた。熱で膨れ上がった無数の発赤が背部一面に広がっていました。
人生の節目で必ず症状は悪化し四六時中掻きむしる状態と毎日の様に起こる眩暈・貧血で心身ともに限界が来ていたように見受けられました。

初月は、月に2回の来院でしたが、以降月に1度。不規則な生活を送られている方ではないので厳しめの生活指導を守っていただく事で、現在、数十年あった「眩暈・貧血」は皆無となりお肌の発赤も落ち着きました。まだ、もう少しお肌が落ち着く様に頑張ります。


1

このページのトップへ