• お客様の声
  • 症例
  • 生活の注意点
  • 用語集
  • セミナー活動
  • 鍼灸院かきたのブログ
院内の様子

兵庫県西宮市羽衣町4-23
夙川羽衣町パークハイム403号室

【TEL】
090-5460-7796

【診療時間】
完全予約制
ご予約等、詳細はお問合せ下さい。

詳しくはこちら

HOME > こんな症状でお困りの方に > 自律神経失調症

こんな症状でお困りの方に

自律神経失調症

自律神の調整は、当院の得意とするところです。

私たちの身体は、気温の変化や神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。この働きを担うのが自律神で、内臓や管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を調整しています。

自律神には、交感神と副交感神という相反する働きをする神が同居し、この2つの神が綱引きをしながら働いて、身体がバランスよく機能して春夏秋冬・一日を安定したものとさせてくれています。(例:暑い日も寒い日も体温が一定:平熱) ところが、様々な要因で身体へ降りかかるストレスなどの刺激が長時間続くことで、綱引きのバランスが大きく崩れてしまい自律神失調症を起こしてしまいます。

  • ①責任感が強い人
  • ②几帳面な人
  • ③内向的な人
  • ④心配性の人

などがストレスの影響を受けやすいと言われており。
また、現代はストレス社会と言われるほど多くの制限と時間に追われる生活を強いられる事があり、上記にあげる代表的な方たち以外にも発症されている方もいらっしゃいます。

逆境に強い、神力に満ち溢れていると自負されている方でも、気づけば溜息をついていたり、急に額・首筋に汗が流れたり、掌が熱くじわじわ汗が湧き出てくるような症状に襲われる事はありませんか?元気だから眠らなくても(眠れなくても)働けるとお思いではありませんか?

自律神交感神、副交感神のニ系統により全身に張り巡らせており、内臓の活動調節はもちろん、皮膚管の調整も自律神が関わっています。
色の良し悪し=筋肉の強張り=内臓不調と全て繋がっています。顔が青白い方だけが神的に参っているわけではありません。過剰な赤ら顔の方も興奮状態から抜け出せていないのです。

東洋医学では、脉に触れる事、顔色・声を聴く事で内臓の元気を推し測る事ができます。
體が重怠い・筋肉が強張っているから強く・長く・沢山刺激をして欲しい!と思われるかもしれませんが、大きく崩れた綱引きのバランスを調える為には片側を調えるのではなく全身(陰陽・外内・左右・上下)の手当てを行わなければなりません。

当院では、西洋医学・東洋医学観点から不調のある個所・症状を手当てするだけではなく、鍼を皮膚表面にあるツボを使いを介して内臓へアプローチします。お肌は、内臓を映す鏡でもあり自律神の切り替えがスムーズであれば、排便・排尿も快適に行うことができ体内のデトックスにもなり體も神も軽くなります。


このページのトップへ