HOME > 鍼灸院かきたのブログ > かきた > こたつでみかん

鍼灸院かきたのブログ

< 年末年始のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  昨日は冬至 湯治  >

こたつでみかん

12月も真ん中になりよく冷える毎日です。

寒冷刺激や屋外、室内との寒暖差でアレルギー様症状でお困りのかたも多いのではないでしょうか。自律神系が不安定は方は特に堪える毎日をお過ごしではないかと思います。

今週末は、ゆっっくり【こたつでみかん】がいいですね!

22314.jpg 
◎みかんの性質は、微温性で性質は潤い
喉の乾きを解消し、消化吸収をよくしたり、余分な水分を除くなど
色々な体質の方に合うと言われていますが・・・。

甘くあまく改良されたミカンは、身体をほてらせ、余分な水分を身体に溜め込んでしまう
など、本来の効果とは逆効果・・・。となる可能性があります。

自然の属性から得られた食の効果は、時代や品種改良により変化があります。
※甘いミカンは美味しいのは間違いない
※甘いからダメ!ではなく、それにも効能効果があります。

みかんは【上品】と位置づけられ、皮・筋・葉・種にも効能があると『本草綱目(薬物学書)』に記載されています。

とても優秀な果物です。
酸っぱいからと、食べるのを止めずに優しく揉んで【こたつでみかん】を楽しんでください。

では、良い週末を。



カテゴリ:

< 年末年始のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  昨日は冬至 湯治  >

同じカテゴリの記事

昨日は冬至 湯治 

年末も押し迫ってまいりました。
昨日は冬至・・・。

冬至は一年で最も日が短く、この日を境に昼間の時間が延びていく分岐点です。



【ゆず湯】に入りましたか?

※諸説ありますが※
冬至→湯治〔とうじ〕とかけて生まれたのがゆず湯です。
ゆず自体にも意味があり、「融通〔ゆうずう〕が利きますように」と・・・。


【かぼちゃ】食べましたか?
甘味があり温性で潤いにも関わる食物
※古い本には書かれています※


収穫されるのは夏から初秋にかけてになりますが、
「ねかせて甘みを引き出してからのほうが美味しいから!!」と生活の知恵だったのかもしれませんが。


以前の日本は冬の農作物は少なく、夏の収穫で得たかぼちゃを大切に貯蔵して冬に食べていたのでしょう。

ビタミンも豊富で抵抗力向上に良く寒さ厳しいこの時期にかぼちゃは最適な食べ物だったのだと思います。

自然の摂理に抗わず生活していた先人は、よく知っていたのでしょうね。

さぁ、春に向けて大事な時期です。心身の準備をしましょう。




第6階 セミナー 腰周辺と臓腑について

おはようございます。
11月28日(火)です。

先日、セミナーを無事終えホッとしている週明けです。

担当としては年内最後、残り2回となりました。

23843279_1058059501003070_1254923896798688593_n.jpg

について

治療のメインにしているについてのお話をしました。

まだまだ、未熟ですので今できる(知っている)事を
すべて出し切る!!が私の毎回のテーマです。

 

来年もがんばります。


明日は

おはようございます。
11月25日(土)です。

明日、26日は大阪府岸和田で勉強会です。

資料が完成していないという状況ですが、より良い時間にして頂けるよう
ぎりぎりまで思案したいと思います。
11月も残りわずか宜しくお願いします。

おはようございます。

11月21日(月)です。

気が付けば約一ヶ月更新しておりませんでした。
今週末は、セミナーがあり資料作成や情報収集に気が焦るのみ・・・。

進んでおりません。。。

今日は、午後から時間があるので何とかまとめたいと思います。

身体に活力を与えてくれる大切な臓【】についてです。

当院の治療では、を養うという事を大事にしております。

さぁ今日も頑張りましょう!!

木枯らし一号

おはようございます。
昨日は、木枯らし一号が吹き、冬がやってくるな~。と思う一日でした。

今朝も風が冷たく寒冷刺激に弱い方は、急に咳がでたり
あれ、、、。と思う目覚めではなかったでしょうか。

普段、治療院では靴下を履くことが少ない私ですが、
足首へは、冷気が当たらない様にしています。
(じゃぁ、靴下でいいのでは・・・。と思いますね。自分でも。。)

≪風は百病の長≫
冬の冷気が、寒風となり体内に侵入すると病が激しく長引くと考えられています。

首すじを冷やさない様に!!とよく聞くかもしれませんが
同時に【足首】も寒風にさらされない様にしっかり防寒をしてください。

足首周辺には、鍼灸治療のなかで特に大切なツボが沢山あります。

少しの注意で、快適な毎日が送れます。
どうぞ試してみてください。

11月も頑張りましょう!!


このページのトップへ